お知らせ

2021/02/15:TOP写真更新いたしました。

2021/02:サイトリニューアルいたしました。

 

最近のブログ記事

久しぶりのご参加です

あまり人数のことを気にする必要はないのですが、久方ぶりにK.Mさんがサンデーノルディックウォーキングに参加いただきました。 11名の参加です。 アラー、残念ながら下を向いている。

少し処分させていただきました

同好会の昨年の新年会は、2月1日。すでに1年以上が経過しております。 昨年の新年会で、多くの差し入れを頂戴し、飲み物を中心にたくさんお預かりをしております。有り難いことです。 普通であれば、新年会で余ったものをお預かりし […]

気になります

2週連続、1名足りないと投稿したものですから、昨日は、「今日は2名足りない」と先に言われました。8名の参加でした。 いつもは写っていない人が1名写っています。

この時期に珍しい

今日午後から、熊ちゃんの家に女性の方がお見えになりました。 「ここへ来ればノルディックのポールを買えると言われたから来ました。売ってください」と言われるのです。 いつものとおり皆さんにご説明している内容をお話しました。お […]

ずっと元気で10の目標

昨日未明の2:30の真夜中。トイレに行って、目がさえたものですからスマホでNHKのニュースを見ていたら、『「喫煙しない」「節度ある飲酒」健康寿命伸ばす提言』と言うニュースが目に留まりました。 こりゃあ、良いこと書いてある […]

つながりました

昨日、そらちしんきん産業文化振興基金の産業技術賞に輝いた北出ベーシックインストラクターに電話を入れましたがつながりませんでした。 今日午前中に折り返しの電話があり、お祝いを申し上げました。 今日の道新朝刊に掲載されており […]

ノルディックウォーキングの歴史

日本でのノルディックウォーキングは、1999年に北海道の大滝村(現伊達市大滝区)に初めて北欧フィンランドから伝わりました。 ノルディックウォーキングの始まりは、クロスカントリーの選手が練習の際にスキーの板を忘れてきて、ポールだけで歩き始めたとの説もあるようですが、1930年代からクロスカントリーの選手が夏場のトレーニングとして2本のポール(ストック)でトレーニングを行っていたのが原点のようです。 1997年にノルディックウォーキングの専用ポールが開発されるなど、ノルディックウォーキングが体系化されました。

ノルディックウォーキングの効果

ノルディックウォーキングは、その歩き方をマスターすることによって通常のウォーキングよりもエネルギー消費量は20~25%、心拍数は8~18拍多くなるとされており、その運動効果が高いといえます。全身の90%の筋肉を使うとされており、特に腕や肩の筋肉を使うことから肩こりや精神的疲労を回復することに効果がるといわれております。