お知らせ

2022/09/30:TOP写真更新いたしました。

2022/09/20:TOP写真更新いたしました。

2022/09/19:TOP写真更新いたしました。

 

最近のブログ記事

いまいちですね

このホームページの管理者に、予め「30日にノルディックinいわみざわを実施する。すぐ画像を処理して送信するので、夜が明けて朝起きたら更新されているようにしてほしい」と、お願いをしておきました。 早速更新していただいたのは […]

お陰様で終えることができました

本日開催の第52回ノルディックinいわみざわ 天候にも恵まれ無事に終えることができました。誠にありがとうございました。 ゆにガーデンの様子です。 市民センターでの受付の状況です。 残念ながら、今朝、お一方から、熱が37. […]

9:30スタートです

「明日は、9:30まで市民センターに行けばよろしいのですね」とのお尋ねがありました。 「9:30に出発します」とお答えをさせていただきました。 文書に集合時間と出発時間を書いておけば良かったのですが、市民センターにお見え […]

何やらお土産まで用意をしてくれているようです

熊ちゃんは、今日、ゆにガーデンの責任者であるIマネージャーを訪ねてゆにガーデンに行ってきました。 明日の打合せと言うか、ご挨拶と言ったところです。Iマネージャーも「当初20名と言うことだったのですが、26名も来ていただけ […]

さて

今日、K会長にお願いし、ゆにガーデンの責任者のIマネージャーに電話入れてもらい、30日の参加人数を26名と連絡をしてもらいました。 そして、受付で入場料とバイキング代金を一括支払い、皆さんに入場券(バイキング券付)をお配 […]

ウォーキング手軽に楽しく

のタイトルは、今日の北海道新聞朝刊、15面の暮らしコーナーんの見出しです。 スポーツの秋に手軽に取り組める運動の一つがウォーキングだと記されております。 それによると政府が策定した国民健康指針「健康に日本21」には、一日 […]

ノルディックウォーキングの歴史

日本でのノルディックウォーキングは、1999年に北海道の大滝村(現伊達市大滝区)に初めて北欧フィンランドから伝わりました。 ノルディックウォーキングの始まりは、クロスカントリーの選手が練習の際にスキーの板を忘れてきて、ポールだけで歩き始めたとの説もあるようですが、1930年代からクロスカントリーの選手が夏場のトレーニングとして2本のポール(ストック)でトレーニングを行っていたのが原点のようです。 1997年にノルディックウォーキングの専用ポールが開発されるなど、ノルディックウォーキングが体系化されました。

ノルディックウォーキングの効果

ノルディックウォーキングは、その歩き方をマスターすることによって通常のウォーキングよりもエネルギー消費量は20~25%、心拍数は8~18拍多くなるとされており、その運動効果が高いといえます。全身の90%の筋肉を使うとされており、特に腕や肩の筋肉を使うことから肩こりや精神的疲労を回復することに効果がるといわれております。