トップ写真を更新してもらいました

     

昨日、トップ写真を1枚更新てもらいました。

9月3日の第2回岩見沢市ノルディックウォーキングの集いでの講習会の様子です。

この写真は会長が写してくれました。

撮影された写真は、皆さんの頭もきちんと写っているのですが、掲載にあたっては、トリミングをすることになりますが、そのトリミングは、上か下をトリミングすることになります。管理者は、花を強調したため、上の部分がカットされこのような写真になったものと思われます。

校正能力の欠如

     

書くことは良いとしても、必ず間違えがないか校正が必要となります。

熊ちゃんは自慢ではありませんが、その校正能力が全くダメなんです。ですから、このブログの投稿も、何とも間違えが多いのには、我ながら閉口します。

そこで、パソコンの画面では、横に幅広くなり、間違えを発見しずらいことが分かりました。

勿論パソコン上での校正を行いますが、スマホだと横への広がりがなく意外と校正がしやすいようです。

スマホでの校正も含めて、あまり恥ずかしいことにならないようにスマホでも校正をしてできるだけ間違いがないようにしたいと思います。

競技スポーツ

     

今朝は、朝早くからワールドカップサッカーの日本とスペイン戦を観戦していた方も多いと思います。

熊ちゃんは、毎朝この時間朝刊を読んでいる時間帯です。朝刊は結構早い3時に届きます。

どうせスペインには負けるもの思って、新聞に目を通していると、前半1点を先制されました。やっぱり!

ところが後半、同点となり、これは面白くなってきたと思っていたら、逆転しました。もしかしたらが本当にもしかしました。グループ1位で通過したようです。

スポーツは殆どが、競技で勝った負けたの世界です。

ノルディックウォーキングは、ノルディックダッシュと言う競技性を持った大会も出てきましたが、あくまで健康維持増進のためのスポーツで勝ち負けはありません。

闘争心むき出しでない、こんなスポーツもあってもよろしいのではないかと思っております。

 

石橋七朗コレクション

     

11月19日に、今日の新聞は衝撃的でしたと投稿させていただきました。”遠軽・白滝の石器類  国宝に”との記事が配信されたことです。

その続報第2弾と言うことで書かせていただくことにさせていただきました。まったくノルディックと関係ないし、熊ちゃんの個人的なことでもあり誠に恐縮です。

実は、熊ちゃんの中学校時代は、田舎の町にもかかわらず、一クラス49名の5クラス、学年245名で担任の先生5名に学年主任先生と6名の先生方で教えてもらいました。

その学年主任の先生が石橋七朗先生でした。地理や歴史の社会を教えていただきましたが、この先生、宮司の息子さんでいわば神職を継ぐべき先生でした。そしてこの先生は考古学者でもあったのです。

熊ちゃんらの学年は、4年に一度同期会を行っておりました。もう10年以上も前のことになりますが、還暦同期会の時にも石橋先生にご案内を差し上げました。残念ながら先生は欠席でした。先生は来られないときは、必ず「志」を送ってくれておりました。還暦同期会の時にも頂戴しました。そこで終わってから、お礼状に名簿を添え、何か記念品をお送りした記憶があります。

その後、先生から熊ちゃんの家電に電話があり、「〇〇君(熊ちゃんのこと)、私は行きたかった。だけどもう足がなく行くことができなかった」「それなら先生言っていただければ、何とでもなったのに残念です」とお話をさせていただき、昔話に花が咲いたところです。そして最後に、「会いたいからぜひ会いに来てくれ」と言うのです。それも全部で3回にわたって電話を頂戴しました。

これはどうしたもんか、同級生の仲間に話しましたが、だれも乗ってこないものですから、しょうがない俺が犠牲になって行ってくるか。となり、一人でその年の10月10日に札幌市の北郷にあるお自宅にお邪魔しました。

その時は、すでに45年以上も前のこと。タイムスリップして話に没頭しました。そのうちに、矢じりや石器の話になり、考古学に取り組んできた話になりました。考古学も2つに大別され、歴史考古学と地質考古学に分かれるが、私は歴史考古学だとおっしゃっていました。夏休みになるとリュックを背負って、女房にどこへ行くと伝えることもなく出掛け、夏休みの終わりになったら帰宅したもので、女房には迷惑をかけた。女房に迷惑をかけた話では、結婚式を挙げてすぐ出征し、シベリアに長い間抑留され本当に迷惑をかけたとも話しておられた。

日高山脈を歩いて越えて、十勝方面に行ったことは何度も。いろいろな化石を探した。そのうちに、ソファーの前のテーブルの下の箱を見てくれと言うことで開けてみる矢じりや石器がたくさん入っておりました。そして、サイドボードの扉を開いたら、やや大きめのツボが飾ってあり、これは関東ローム層から発掘したもの(されたもの)で日本広しといえども、10個は存在しないだろうと、大変貴重なものだと強調されておりました(その時、先生が発掘されたものかコレクションで集めたものかを聞くのを忘れてしまいました)。

そして、こればかりではない、車庫の中にもいっぱいあるし、2階のもたくさんある。

「岩見沢市長が会いたいと言いて来ている。岩見沢市には渡さん」とおっしゃており、どうしてそうなのかは分かりませんが。

息子は、札幌にいるが全く興味がない。「私が死ねば、どこかの砂利道にでも捨てられるだろう」ともおしゃっておりました。

さて、この話、どうして国宝につながるかと言いますと、栗沢町でも国道234号線沿いでたくさんの石器や矢じりが発見されました。由良遺跡、加茂川遺跡そして最上や栗丘からもたくさん出土された経過があります。熊ちゃんは国宝に指定される黒曜石は栗沢から出土したものも、もしかしたら白滝村から来ているのではなかと思いました。新聞報道によりますと、遠くはは樺太、道内はもちろんのこと、東北地方まで広がっているということですから。

そこで、熊ちゃんは岩見沢市郷土資料館に「石橋七郎コレクション」が展示されていることを思い出し、もしかすると栗沢と白滝が結びついているのではないかと思い、先般再び行ってきました。もちろん現在もショウケースに入れて展示がされておりました。

恐らくですが、関係あると思いました。石橋先生のことを、「元白滝団体研究会会員、元十勝団体研究会会員」と書かれておりました。そのことだけでは確定できませんが、黒曜石が取れるのは赤井川村と十勝の河原(十勝川か音更川か)位ものですから、確率はかなり高いと思いました。

由良遺跡、加茂川遺跡から出土したものもたくさん展示されております。そのほかにも岩見沢地区での冷水・東山遺跡などたくさんのものが展示されております。是非、一度ご覧になってはいかがでしょうか。

11月20日のサンデーノルディックウォーキングで、国宝の記事の話になった時、栗沢はかつて石狩平野が海であった時の波打つ際で国道234号線沿いの丘陵地帯に先住民族の集落が作られていたものと思われ、その遺跡から土器や石器が発掘されたものと思われるとの話に興味深く聞いてくれた方もいらっしゃいました。

今から約1万年前の北海道は、石狩湾から西に江別市を経て岩見沢市、岩見沢市から苫小牧湾に向かって海となっており北海道は分断されていました。そういう歴史があり、誠に興味深いものがあります。

さて、石橋先生は、数年前に97歳でお亡くなりになりました。

石橋先生は毛筆も達筆。栗沢文センターの2階に上がる階段に「手稲山展望」の油絵が掲げられておりました(号数は分かりませんが、かなり大きな絵です)。今はどこへ行ったのでしょうか?栗沢市民センターには掲げられておりません。授業中に「額が高いので自分で作っている」と、おっしゃっていたのを思い出します。

また、所有していた石器や土器など収集したしたものはどうなったのでしょうか。気になります。

(なお、写真につきましては、撮ってもよろしいですかと尋ねる前に、2回も写真写しても良いですからとおっしゃっていただきました)

 

 

いろいろな方から

     

日本ノルディックフィットネス協会の会報誌を会員の皆さんにお配りをさせていただきました。

私共インストラクターが所属する日本の協会の広報誌ですので、多くの会員の皆さんに見てもらいたいという思い出です。特に北海道特集でわが同好会の活動の一部が紹介されたこともあり、無理を言って会員の皆さんの部数を日本ノルディックフィットネス協会から送っていただきました。

すると、電話はもとより、お便りをいただくなど、そしてサンデーノルディックウォーキングの際にもご意見を頂戴しました。有難うございます。

多くの高い評価をいただきました。

その旨を日本ノルディックフィットネス協会にも伝えたいと思っております。

サンデーノルディックの際に、北海道の地図で三笠市が三笠町になっていいたとの指摘を受けました。確かに「町」となっておりました。

今日のサンデーノルディックウォーキングは何とも

     

今日のサンデーノルディックウォーキングの参加者は8名でした。

熊ちゃんが家を出た午後1時ころ雪は降っておりませんでしたが、スタートする1時15分後からみぞれがひどくなってきました。

止めようかからとの話も出ましたが、せっかくだから、ショートカットして歩こうという話になり、栗沢駐在所から、病院通りのセーコマまで行き、左折して神社の鳥居前から国道234号線に出て、駅前通りから戻ってくるコースとしました。

栗沢神社鳥居前です。

2枚の写真とも、みぞれなのですが、お分かりいただけましょうか。

この間の歩行数は約2,000歩。やっぱり物足りないですよねえ。市民センターに戻ってきたらみぞれは晴れてきました。

クリーングダウンをしてからも、いろいろな話に花が咲いて、なかなか分かれることができませんでした。やっぱり話がしたいのですね。

 

これは一体何だろう

     

日本ノルディックフィットネス協会が発行する「NORDIC WALKERS 第43号」は皆様のところに届きご覧いただけたかと思います。

その12・13ページは北海道特集です。その中央に北海道地図か掲載され、札幌16、旭川11、深川10、恵庭・登別・伊達7と言った数字が載っております。これは一体何だろうと考えておりました。岩見沢市は人の姿が3名分載っております。

アクティビティリーダーを含めたインストラクターは、岩見沢市では7名。

ベーシックインストラクターは、わが同好会は4名。うち1名は三笠市。三笠市は1名の人の姿だから、ベーシックインストラクターの数かな?

どう考えてもよくわからないなあと思っておりました。

そのうち、あたま数と記載されている人数をを足すと、11ページに書かれている会員数に一致する。だけどアクティビティリーダーはどこえ行ったのやら。と思って考えていましたところ、わが同好会のアクティビティリーダーは、日本ノルディックウォーキング学校(大滝の協会)の団体付け会員だということを思い出しました。団体付け会員といのは、アクティビティリーダーは大滝の会員。いわゆる団体付け会員と言ことで、年会費5,000円のところ2,000円でOKと言うことになっております。

この団体付け会員を除いたインストラクターを意味しているのではないかと言うことに気が付きました。と言う訳で道内の個人会員は、104名と言うことになり、謎が解けたような気がします。

とは言ってもよくお分かりいただけないかもしれません。

生産者 紀蜜

     

きのう、会員のKさんが熊ちゃんの家を訪ねてきてくれました。

自宅の庭で栽培したリンゴ3個を持ってきてくれました。

リンゴ大好きな熊ちゃんにとりましては、最高のプレゼントです。

そこには、「今年の果樹収穫主な写真」と題した栽培経過等が記されておりました。「樹上完熟」を目指しています。と書かれ栽培履歴も記されております。

こりゃー。やるもんだな。最後に「生産者 紀蜜」と書かれています。しばらく何を意味しているのだろうと考えておりましたが、何のことはない、自分の名前をもじった(字を置き換えた)と言うことが分かりました。

赤いリンゴは2つ、もう食べました。なんと、身が硬くまことに美味しい。

もらって差し上げるものがありません。来年熊ちゃんが得意とするブロッコリーでも差し上げることにします。

それにしてもわが同好会のメンバーにはいろいろなことに取り組む方がいらっしゃいますこと。

ウォーキングのタイミング

     

熊ちゃんのところの朝刊は、いつも午前3時過ぎにオートバイの音が響き届きます。

今週のいつだったか、3時30分に新聞を取りに来ましたが、珍しく朝刊が入っておりませんでした。

そこで、スマホを見ておりましたら、「ウォーキングは、食後と食前どちらがいい。タイミングで変わる驚き理由」と言うタイトルが目に入りました。

早速メモをと思って準備したところ、もうその記事は消えていました。何とか検索し復活しました。

〇体型や健康維持には食後のウォーキングがおすすめ。

食後のウォーキングは、効率よく糖質を消化できるため体型の維持や健康維持にはおすすめ。と、言うのである。

〇ダイエット目的なら、食前に取り入れよう。

糖質を消化した状態の食前にウォーキングすることで、身体に蓄積された体脂肪が燃えやすくなるそうだ。つい食べ過ぎてしまう人は食前にウォーキングを取り入れようというものだ。(熊ちゃんはこれに該

当するな)

〇食事前後のウォーキングの注意点

食後直ぐにウォーキングすると、胃に負担がかかるので食後30分おいてからののほうが良い。とのことだ。

と、言うことだそうです。