早速エントリーいただきました

     

9月3日の岩見沢市ノルディックウォーキングの集いにお一人様早速エントリーをいただきました。

昭和17年生まれと言いますから80歳になられるようです。男性の方です。ポールはお持ちのことですのでノルディックの経験のある方だと思います。

この方はおそらく会員になっていただけるのではないかと思っております、

広報に載せていただいてどなたも申し込みがなかったらどうしようと思っておりましたので、ホットしているところです。

大地の息吹 海のささやき

     

昨日の北海道新聞朝刊、空知版に「伊藤健次の大地の息吹海のささやき」という記事が掲載されております。写真家伊藤さんの記事です。

「コウライテンナンショウ」という植物の話です。別名「マムシグサ」です。5月から6月にかけて咲く花は、緑の蛇がスーッと鎌首を上げたような姿。茎にはマムシ模様と呼ばれる斑点。蛇をまねたみたいな、い草なのですとも書かれております。

この赤い実をつけている植物の話です。この写真は、2年前の令和2年10月4日のサンデーノルディックウォーキングの際、エムズゴルフ場正門の左側の林の中に咲いていたものです。

「この花なんて言う花なんだろう」と熊ちゃんが言ったところ、間髪入れずTさんが、「マムシグサだよ」と教えてくれました。Tさんは東京育ち。よくご存じなことと思っておりました。

この植物のことが書かれていたものですから、昨日のサンダーノルディックウォーキングの時に行ってみると、道新に掲載されている写真と同じ状態で青い実をつけておりました。

これが昨日写したマムシグサです。ちょっと分かりづらいかもしれませんが、茎はへびのアオダイショウに似た模様です。

昨日の帰りのウォーキング中に、Tさん、Iさんとその話をしながら市民センターに向かってウォーキングを続けてきました。「ぜひ、新聞を読んでください」と言いながら。芽生えは、無性別。若年期は雄株。その後メス株と性転換をするそうです。面白い記事です、ぜひ読んでみてください。

伊藤さんは、栗沢町に在住と聞いております。もしそうだとすれば、美流渡か万字方面でしょうか。掲載の写真は、岩見沢市郊外と書かれております。

この写真のほうが分かりやすいかなあ。上のほうに青い実がついているのがお分かりいただけますでしょうか。

広報8月号が届きました

     

町内会の回覧で、広報8月号が届きました。

「みんなのひろば」のコーナーに、「ノルディックウォーキング講習会」のタイトルで、9月3日開催の第2回岩見沢市ノルディックウォーキングの集いで開催する講習会の参加者募集と言うことで掲載されました。

会員の皆さんには、すでに開催要領をお渡しさせていただいております。6月1日に市役所広報課に同じものを持参して掲載をお願いしてきた経過にあります。残念ながら、岩見沢市ノルディックウォーキングの集いやわが同好会主催、同好会10周年記念事業等が全く出ておりません。かなりコンパクトにまとめて掲載されております。

そのことは、エントリーされた方へ開催要領を送りすることとさせていただきますので分かっていただけると思います。

蒸し暑かったのですが、

     

今日はちょっと、蒸し暑かったですね。14名の参加でした。

百年記念塔付近にキノコが生えておりました。秋が近いのですかねえ。

有難いことです

     

今日、サンデーノルディックウォーキングのために栗沢市民センターを訪れました。

NPOくりさわプロモーションクラブのM事務局長から、「こんな時に何ですが、NPOからの事業報奨金を受けてっていただけますか」と、56,000円を差し出されました。

勿論頂戴しました。有難いことです。

昨年までは、45,000円。今年は11,000円プラスされての交付です。領収書を持参しておりましたので、早速領収書を書きました。同好会から法上の会員3名分の会費6,000円を支払い領収書を頂戴しました。

有意義に使わせていただくこととさせていただきます。

少しはお役に立てたかも

     

24日に順延した第50回のノルディックinいわみざわの参加賞は、ピンク色の岩見沢市が指定する20㍑ゴミ袋としました。

これまでは、ボックスティシュー5個入りでした。荷物にもなりますし何かよいものはと検討した結果、毎日お世話になるごみ袋にたどり着きました。これが結構好評なのです。

NPOから頂ける報償費は1万円です。ちょうどぴったりの金額でした。

喜んでいただけたなら有難いです。

 

デジタル化に協力することとしました

     

「JNFAデジタル化へのご協力願い<総会すべてをWEBにて実施することに同意ください>」と日本ノルディックフィットネス協会からメールが届きました。

8月28日に総会が開催される予定です。

早速同意する旨のメール返信しました。

約3,000人いる会員(主にインストラクターが中心)に総会資料を宅急便で送ってきてくれておりました。その送料だけでも大変な金額になると思います。送料の節約だけでも協会運営に貢献するものと思います。

即刻、返答しました。

総会はオンラインで見ることができます。

今日は

     

今日は、朝6時30分ぐらいから近所迷惑にならないように、庭の選定を行いました(もっと早くから作業を開始したいのですが、それをやると近所迷惑になります)。庭の選定進捗率は、70%と言ったところです。そんなことはどうでもいいのですが。

午前10時30分に我が家を出て、北海道新聞社岩見沢総局に出かけました。それは、9月3日開催の第2回岩見沢市ノルディックウォーキングの集いの告知記事掲載のお願いのためです。O総局長が対応してくれました。具体的な内容を説明した後、これまでお世話になった記者の方々のお話をしました。

平成23年5月14日に設立総会を開きましたが、その記事を書いてくれた、現在東京で首相官邸キャップを務めるI記者のこと。その後女性のM記者。この方のお母さんは、昨年お亡くなりになりましたが、礼文の在住の詩人でキャンサーギフトの写真と詩集を書いた方です。現在、農業関係の記事を書いているH記者のこと、当時は三笠市担当でしたが栗沢まで来て取材してくれました。。それに報道センターにいるK記者のことなどをお話し、記事の掲載をお願いしてきました。

続いて、プレス空知岩見沢支社を訪れました。支社長のNさんは、芦別に転勤されたということでした。S記者はいらっしゃいますかと尋ねたら、外出とのことでした。

対応してくれたのは、女性のS記者でした。内容をご説明しましたところ、いろいろと質問を受けました。熊ちゃんなりに丁寧にお答えしたつもりです。このS記者、何ともいろいろな質問攻めにあいましたと言う感じでノルディックの効用をはじめ、いつ活動しているのか、夏はいいが、冬はどうしているのかなど多くのことを聞いてこられました。さすがに新聞記者と言う印象でした。

2社とも快く対応いただきましたので、そのうちに新聞に載るものと思っております。

冬の写真を中心に

     

昨晩、このホームページのトップ写真2枚を追加更新してもらいました。

暖かい季節となりましたので、冬の写真をお届けします。

1枚目は、Fメガネ岩見沢店のAさんから頂戴したものです。三笠市の市来知神社のエゾフクロウです。

 

ご案内を差し上げました

     

今日のノルディックinいわみざわで、参加した皆さんに9月3日開催の第2回岩見沢市ノルディックウォーキングの集いの開催案内を差し上げました。

今日の開会式でも申し上げましたが、多くの会員の参加をいただき、一般市民の皆さんと講習会終了後、会員の皆さんとともにウォーキングを行います。熊ちゃんは、「講習会に参加した皆さんにノルディックウォーキングで楽しんでいるところを見せつけてやってほしい」と言いました。ノルディックの普及とできれば会員の増加につながればと思っております。

9月3日は午後1時から、一般市民を対象とした先着20名の講習会。午後2時から第51回ノルディックinいわみざわで会員の皆さんと講習会参加者と合同で百年記念塔方面をウォーキングします。

今日参加の会員で、参加できなかった方の封書を手分けして持って行ってくれました。有難いことです。助かります。

講習会については、広報いわみざわ8月号に掲載されます。受付台帳も作成し受付体制をも整えました。