まだ、一週間ありますけれど

     

30日のノルディックinいわみざわの参加申込期限までは、まだ一週間ありますが、いつもなくエントリーは好調です。昨日現在17名の方にお申し込みをいただいております。

最近のノルディックinいわみざわの参加者は、20名前後ですので2.000円の参加料でもありますから、そんなに多くの皆さんが参加していただけるとは思っておりませんでした。申し込みはまだいただいておりませんが、参加予定とおっしゃっている方もおられますので、20名に達するのではないかと思っております。

計画当初、入園料は10名で団体割引で850円のところ700円になります。10名切ったら高いものにつくなと思っておりましたがその心配はなさそうです。

多くの会員の皆さんのご参加をお願いします。あとは好天を期待するところです。

いやー

     

一昨日のサンデーノルディックウォーキングは、素晴らしい青空で栗沢中央公園の鑑賞池噴水のところでみんなで写真を1枚と思っておりましたが、残念ながら噴水が上がっておりません。どうしたのでしょうか?

このところ上がっていたり上がっていなかったりです。

あんまり会員に写真を撮らせてほしいというなと言うことなのかなあ?

そんなこともあり、最近はあまり写真撮影をお願いしてない傾向です。

関連する二つ記事が

     

今日の北海道新聞朝刊の岩見沢南空知版にこれまでにこのブログでご紹介した二つの関連記事が配信されておりました。

その一つは、文学岩見沢の会が、「文学岩見沢」の発行をやめられましたが、その最後の集いが、11日いわみざわのホテルで開かれたとの記事です。

出席した道教育大学元教授で、市文化財保護委員の○○さんがあいさつで「文学岩見沢はたくさんの市民の言葉を残すと同時に、辻村もと子の作品を発掘し、北海道の文学に残るような歴史を築いてくれた」と評価したと書かれております。この○○さんこそが、つい先日、「退会の手続きをお願いします」とメールを頂戴した方です。

また、この会のF会長も、平成27年から令和元年までわが同好会のメンバーでした。お忙しくなり退会されました。幾度もノルディックinいわみざわや総会にもご参加いただきました。

もう一つの記事は、すぐ下に「由仁産ジャガイモPR」と言う記事です。ここにはゆにガーデンでの取り組みが掲載されており、30日にお邪魔することになります。この記事を書かれたのは、栗山支局のT記者。T記者とは大滝の藤田ナショナルトレーナーが大変お世話になったとのことで、「あったらよろしく伝えてほしい」と言われておりました。去る6月25日にお会いする機会があり、ノルディックのお話をさせていただいた経過にあります。

素晴らしい青空でした

     

今日のサンデーノルディックウォーキングが素晴らしい秋晴れでした。

11名の参加でした。

間違えです。18日です。

     

昨日の投稿で、百年記念塔方面の清掃作業を17日とアップしましたが、18日の日曜日のサンデーノルディックウォーキングの際に行います。

1日間違えました。今日のサンデーノルディックウォーキングでご指摘がありました。

ごめんなさいです。18日ですのでよろしくです。

17日にやることに

     

9月17日のサンデーノルディックウォーキングの際に、百年記念塔方面の清掃活動を行うことにしました。

海洋センターに勤務するH係長から電話をいただき相談させていただきました。

例年実施をしております。よろしくです。

雨の場合は翌週の25日に行うことにします。

早やっ

     

今日。町内を車で走っていたら、もう早や稲刈りが始まっていました。9月10日以前の稲刈りは早いほうだと思います。

作柄はいかがなものなのでしょうか?それにしても、この間の台風のせいでしょうか倒伏した圃場が多いのは気になります。

残念なことに

     

「ながらくのご無沙汰お詫び申し上げます。ご案内をいただきながらも次の一歩を踏み出せず、退会の手続きをお願いします。よろしくお取り計らいください」とのメールを昨日頂戴しました。

残念ながらお一人が退会となりました。

この方は、最近はお見えになっておりませんでしたが、以前はサンデーノルディックウォーキングに参加いただいておりましたし、ノルディックinいわみざわにも参加いただいたこともあります。今、盛んに活動されている会員の方にはお馴染みでないかもしれません。

どちらかと言うと、総会やノルディックinいわみざわ等は、月の中旬に行うことが多いと思います。この方は、中旬は京都に出かけられます。それは、ご両親なのか、お父さんなのか、お母さんなのかまでは聞き及んでおりませんが、親の介護で岩見沢を離れ京都に向かいうので参加できないことが多かったと思います。よく京都の情報をメールしていただいておりました。

教育大学の社会学の教授をされていた方で、退官後は、岩見沢市の文化財保護委員や「馬追原野」の作者である辻村もと子の未発表の作品をまとめ製本化するなどご活躍です。その作品名は、確か「山脈」であったかと思います。

誠に残念ですが、ご健勝でのご活躍をご祈念申し上げます。

ついに50名を切り、会員は49名となりました。

あらま

     

いつの間にかこの投稿も、2,200回を超えて2,206回になっておりました。

早いものです。

 

あれー

     

今年のいわみざわ健康祭りは中止になったことはお知らせしました。

その封筒を見ると、栗沢海洋センター 岩見沢市ノルディックウォーキング同好会 様で来ているではありませんか。

しかも熊ちゃんの郵便受けに入っておりました。

そこで海洋センターHさんに電話しましたところ、やはりHさんが熊ちゃんの家に届けてくれたことが分かりました。

これ以上海洋センターに迷惑をかけることになりませんので、早速市役所に送付先変更のお願いをすることにしました。